朝起きたら顔がパンパン!むくみの原因とは

女性の画像

朝起きて鏡を見ると顔が腫れぼったい…夕方になると靴が窮屈になる…と感じたことはありませんか?

このような症状は体のむくみを現しています。むくみは、体内にある細胞の間に水が増えすぎて異常をきたしている状態です。

体がむくむと、太って見える上に気だるさも感じるのでダブルで辛いですよね。ここでは、スッキリとした軽やかな体を手に入れるために、むくみの原因について解説していきます。

水分のせいだった?!むくむ理由
むくみと体内の水分は、大きく関係しています。

人の体は、60%水分でできていると聞いたことはありませんか。水分は体の中で重要な役割を担っており、細胞に栄養を送ったり老廃物を除去したりしているのです。

血の巡りが良いと、体内の水分量はほどよく保たれています。しかし、何らかの理由により水分量が増えすぎるとむくみを引き起こしてしまうのです。

原因は1つじゃない
日常でむくみやすい人の多くは、生活習慣が原因です。偏った食生活や就業環境などが血液の循環を悪くし、体内の水分量がコントロールできなくなっています。

むくみを引き起こす生活習慣を3つ紹介します。
①長時間同じ姿勢でいる
デスクワークや立ち仕事など、ずっと同じ姿勢でいると足の血液が心臓に戻りにくくなります。足の筋肉があまり動かないので、血を送るポンプ作用が低下。座りっぱなしや立ちっぱなしでは、血流が悪くなるのでむくみの原因になります。

②塩分の摂りすぎ
塩味のきいた料理ばかり選んでいると、体内の水分が排出されにくくなります。体内では、塩分の濃度を薄めようと水分を溜め込む作用が働くためです。

③エアコンの効いた部屋で長時間過ごす
温度変化のない環境で過ごしていると、体温を調整するための発汗作用が失われます。水分代謝が低下するので、体がむくんでしまうのです。