むくみ予防法をチェック!生活習慣を見直そう

塩の画像

最近むくみやすいな…と感じたら、日々の習慣が原因かもしれません。</b

むくみは、生活習慣を整えるだけで予防できます。例えば、食生活を変えるだけでもむくみにくくなる場合があるんです。

自身のライフスタイルを見直して、むくみにくい体質を目指しませんか。ここでは、簡単なむくみ予防法について紹介していきます。

塩分やアルコールの摂り過ぎはNG
人の体には、塩分濃度を一定に保とうとする働きがあります。そのため塩味のきいた食事が多いと、水分を体内に留めて塩分濃度を下げようとするんです。

体内で水分を保持する量が増えると、むくみ症状が現れます。

スッキリとした体を維持したければ、食生活を見直すのが大切。塩分の多い食べ物を頻繁に摂るのは、止めましょう。特に、味の濃い食事や外食の行き過ぎには、注意が必要です。料理をする際は、薄味になるように心がけてみてください。

<摂り過ぎ注意な食品>
・パン
・ラーメン
・お菓子やスイーツ
・お酢
・ドレッシング
・ポン酢

締め付けるタイプの衣類は避ける
締め付けのきつい下着や靴下を身に付けると、血行を悪くしむくみやすくなります。特に体の中心部を覆う、ブラジャーやガードルには配慮してください。体の中心部には、心臓へ繋がる太い血管が通っています。

血管を圧迫し続けると、血行不良に繋がるので良くありません。

自身の体に合うサイズを選べば、キツイ締め付けは感じないはずです。むくみを軽減するために、締め付けない衣類を選びましょう。

ただし足のむくみが気になる場合、弾性ストッキングやソックスはオススメ。身に付けるとふくらはぎや足首を圧迫するので、足に溜まりがちな血液やリンパ液が心臓へ戻りやすくなります。