ルプラックでむくみを解消できるって知ってた?

薬の画像

むくみを解消するには、ストレッチやマッサージなどさまざまな方法があります。

しかしどんなにむくみとりのケアを続けても、なかなか改善されないと困っている人がいるかもしれません。

今までのやり方でダメだった場合、利尿剤・ルプラックがオススメです。ルプラックを飲むと、むくみの原因となる水分や塩分を排出します。

ここでは、むくみの要因をおさらいしつつルプラックの効果について理解していきましょう。

そもそもなぜむくむのか?
身体がむくんでしまうのは、体内の水分量がコントロールできていないからです。同じ姿勢を取り続けるデスクワークや立ち仕事は、血流が悪くなり体内に余分な水分が溜まりやすくなります。

また、塩分の摂りすぎにも注意が必要。体内での塩分濃度が高くなると、薄めようとして身体に水分を溜め込んでしまいます。

ルプラックを飲むとどうなる?効果について
ルプラックは、腎臓に作用し尿量を増やす働きがあります。尿と一緒に身体に溜まった塩分や水分を排出するので、むくみ改善に効果的です。

同じループ利尿剤であるラシックスという治療薬は、低カリウム血症を引き起こすリスクが挙げられていました。低カリウム血症に陥ると、血液中のカリウム濃度が低下し内臓や筋肉に異常をきたすので危険です。

しかしルプラックなら、低カリウム血症の発現率が低いので安心して服用が可能。ルプラックは、身体への負担を減らしてむくみを解消できる治療薬なのです。

服用量を守ろう!
美意識が高い女性は、「むくみを取ってスリムな体型に見せたい!」という強い思いから薬の過剰摂取に至るケースが報告されています。

適量を守らず多めに飲むと、頭痛やめまいといった副作用が現れやすくなります。健康的な身体を維持するためにも、1日1回1錠5mgを服用してください。1日の最大用量は10mgなので、それ以上は飲まないようにしましょう。