全身をスッキリさせたい!自宅でできるセルフケア

女性の画像

朝起きて鏡を見るとガッカリ!顔がパンパンにむくんでいる…なんてことはありませんか?

むくみがひどいと太って見えるので、気になりますよね。また足がむみやすい人は、夕方になると靴が窮屈になる上に下半身の疲れを感じて辛いと悩まされています。

むくみを解消するには、セルフケアが大切です。ここでは、自宅でできるむくみとりの方法を紹介していきます。

小顔になれるかも?朝のケア方法
顔のむくみは、血流の悪化により余分な水分が顔に溜まっているのが原因です。顔を引き締めてフェイスラインをスッキリさせたいなら、血の巡りを良くするケアを心がけましょう。

<温水→冷水の洗顔を繰り返す>
温水と冷水で交互に洗顔すると、血管の収縮作用が働きます。皮膚を温めると、血管が広がり冷やすと縮みます。血管を活発に収縮させると、血流が改善されるのです。

<ホットタオルで温める>
ハンドタオルを水に濡らして絞り、電子レンジで1分ほど加熱します。温かくなったタオルを顔に乗せると、血行を促進できます。

<マッサージでほぐす>
すべりのよいクリームを手につけて、顔や首周りをマッサージします。顔中心から外側→首→鎖骨へと優しくほぐすと◎。首の周りや鎖骨にはリンパ節があるので、マッサージすると老廃物を排出しやすくし血流も良くなります。

足のむくみを解消しよう!
デスクワークや立ち仕事など、同じ姿勢でいる就業形態の人は注意が必要。人間の下半身には、7割の血液が集まっているので血が滞りやすい箇所なのです。

足のむくみを解消するには、下半身の筋肉をほぐしたり血液の循環を良くしたりするアプローチが欠かせません。

<ストレッチやエクササイズをする>
足がむくみやすい人は、ひざの曲げ伸ばしや足首を回すなど凝り固まった筋肉や関節をほぐすのが有効。またつま先立ちになってかかとを上げ下げするエクササイズは、ふくらはぎの筋トレになるのでオススメです。ふくらはぎを鍛えると、心臓に血が戻りやすくなります。

<足を上げる>
重力の影響で、どうしても下半身に血が溜まりやすくなります。しかし足と体の高さを合わせると、むくみ解消に役立ちます。イスに座っているなら同じ高さのイスに足を乗せ、横になって寝ているなら壁に足を立てかけるのも方法の1つです。

自宅でできる簡単な方法ばかりなので、時間のあるときはぜひ試してみてください。むくみの原因となる血行不良が改善できれば、顔や体のラインがスッキリとしてきます。